おねしょパンツドットコム > シーン別 > 障がいをお持ちのお子様

林間や修学旅行、合宿などお泊り時に。
おねしょパンツ
おねしょパンツ

夜尿症との関連疾患の中に発達障害があります。

特にADHD(注意欠陥多動性障害)では約3割で夜尿症のの合併があると報告せれており、「ADHD」のある治療薬が夜尿症に有効ということがわかってきているようです。

発達障害のお子さんはもともと中枢神経が未熟である上に、夜間の水分制限や規則正しい排泄週間が守りにくい下着が濡れていることに対する間隔が鈍い、親子関係の悪化を招きやすいなどの独特の要因があるため、夜尿症も治りにくいことが指摘されています。


通常の場合、子供は成長するにっつれ、膀胱にためられる尿の料が増えますが、子供によっては膀胱の容量が変化しなかったり、抗利尿ホルモンの分布が促進されなかったりするので、おねしょをいつまでも続けてしまうのです。 おねしょパンツ

おねしょパンツ

脳の障害をお持ちのお子さんは、普段でさえリズムのある生活た規則正しい食生活を送ることが難しいといわれています。

生活改善も必要となる夜尿症の治療は保護者の方にとって頭の痛いことになると思われますが、気長に、そのお子さんのペースを守りながらうまく付き合っていきましょう。

 
おねしょパンツ

発達障害は、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害です。

 

コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手な為、その行動や態度は、

「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。

 

それが、親のしつけや教育の問題でなく脳機能の障害によるものだと理解してあげることが必要です

おねしょパンツ

おねしょパンツ

53 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ










53 件中 1-24 件表示  1 2 3 次のページへ最後のページへ