タイトル:おねしょパンツは乾燥機で乾かすことができるか?

タンブルドライヤー

当店の家庭用タンブルドライヤー

男児用ソラシリーズ

おねしょパンツドットコム 男児用 soraシリーズバナー

【おねしょパンツドットコム】店長の村原です。

タンブルドライは、なぜ禁止?

おねしょパンツ、尿漏れパンツ(失禁パンツ)のほとんどが、「タンブルドライはお避けください」と書いてあります。

乾燥の仕方については、「陰干し(かげぼし)してください」と記載があります。

普通のパンツは、乾燥機にかけても、問題ないのになぜダメなのでしょうか?

 

理由は、

1)吸収素材が熱で痛む。→ 吸収力が落ちて使えなくなる。

2)商品のサイズが縮む → 丈(たけ)が短くなったりする。

と、考えられます。

 

吸収素材の耐熱温度

まず、1)についてですが、吸収素材には、どんなものがあるでしょうか?

ポリエステル、アクリル、綿、などを組み合わせたものがほとんどです。

また、防水生地として、ポリウレタンを使っているものが多いです。

これらの商品の温度に対する耐久性は、

  • 綿 溶融点 235度
  • ポリエステル 軟化点 238度
  • アクリル 軟化点 190度
  • ポリウレタン 軟化点 150度

となります。溶融点は溶けてしまう温度、軟化点は、やわらかくなる温度です。

これからすると、ポリウレタンの軟化点が一番低いので、温度が150度以下なら

ほぼ問題はないと思われます。

消費者のお使いのタンブル(回転式)乾燥機が何度になるか、分からないので

その危険を避けるために、製造メーカーは乾燥機の使用を禁止しているものと思われます。

soraスピードシリーズの吸水ポリマー素材

当店のオリジナル商品である「soraスピードA」「soraスピードW」「soraスピードR」については、

吸水ポリマーの「ベルオアシス」という素材を使っています。

「ベルオアシス」は 自重(自分の重さ)の45倍~80倍の水を勢い良く吸収します。

また吸収した水はそう簡単に手放しませんので、逆戻り(吸ったものが肌の方へ戻る)こともありません。

 

当初は、これらの商品も「陰干し」「天日干し」として、販売していたのですが、

乾燥に非常に長い時間がかかるという弱点がありました。

  • 「soraスピードW」で、大阪で、夏場で4~5日 冬場で5~7日。
  • 「soraスピードA」で、大阪で、夏場で2~3日 冬場で4~6日。
  • 「soraスピードR」で、大阪で、夏場で1~2日 冬場で2~3日。

これでは、替え用に洗濯しても、乾くまでに時間がかかりすぎるということになります。

そこで、これらの商品がタンブル乾燥機に対応できるのかどうかを、試験しました。

家庭用乾燥機を購入

乾燥機のテストをするのに、乾燥機がなくてはできません。

回転式乾燥機を1台購入しました。写真を参照してください。

マニュアルを見ると、最高温度は60度となっていました。

この乾燥機を使って、それぞれの商品の乾燥時間を調べました。

SoraスピードW(ソラスピードダブル)乾燥時間ごとの重さの変化

サイズ 元の重さ 洗濯直後 3時間後 9時間後 12時間後 13時間後 14時間後
110cm 108 386 242 168 122 106 104
120cm 116 390 250 174 134 114 112
130cm 116 386 238 164 140 120 114
140cm 134 424 270 186 160 140 132
150cm 134 446 278 190 164 138 134
160cm 156 474 306 218 182 160 154

SoraスピードA(ソラスピードエース)乾燥時間ごとの重さの変化

サイズ 元の重さ 洗濯直後 3時間後 6時間後
110cm 88 236 130 88
120cm 94 230 120 94
130cm 104 248 134 104
140cm 114 258 144 114
150cm 120 286 146 120
160cm 132 298 160 130

SoraスピードR(ソラスピードアール)乾燥時間ごとの重さの変化

サイズ 元の重さ 洗濯直後 3時間後 4時間後
110cm 94 194 96 94
120cm 94 212 110 104
130cm 108 208 110 108
140cm 118 230 120 116
150cm 128 228 126 126
160cm 136 268 134 134

乾燥機を使ったときのサイズの変化

3つの商品について、各サイズ別に、ウェスト、太もも周り、裾幅(すそはば)、丈(たけ)について、

乾燥機を使ったとき、天日干しで乾燥させたとき、それぞれのケースで調べました。

結果的には、乾燥機を使ったとき、天日干しで乾燥させたときで、縮みに差はありませんでした。

また、チェックポイントしては、ウェスト、太もも周り、裾幅(すそはば)については、ほぼ変化なし。

丈(たけ)については、0cm~2cmまでの縮みが見られました。

このことから、乾燥機を使っても、サイズの変化は、天日干しの場合と変らないことが分かりました。

乾燥機を使ったときの吸水ポリマーの品質変化

選択した後は、吸水ポリマーは水をいっぱい吸って、膨らんでいます。

乾燥機で乾燥した後は、使用する前と形の変化はほぼありませんでした。

また、乾燥後、水を落として吸水テストをしてみたところ、使う前と変りはありませんでした。

3回洗濯、乾燥を繰り返してテストしましたが、形の変化、品質の変化は、見られませんでした。

soraスピードシリーズは、「タンブルドライ」(家庭用回転式乾燥機)での乾燥をOKとします。

自然乾燥で何日もかかっていたのですが、家庭用乾燥機を使っていただくことで、乾燥時間を大幅に短縮することが

できます。着替え用にも対応していただけるようになると思います。

おねしょの悩みはあるものの、できるだけ快適に、前向きに生活できるよう、これからも応援させていただきます。