夜尿症は軽度の発達障害と考えられるられることも

夜尿症は関連疾患の中に発達障害があります。特にADHD(注意欠陥多動性障害)では

約3割で夜尿症の合併所があると報告されており、【ADHD】のある治療薬が夜尿症に有効とわかってきているよです。
発達障害のお子様はもともと中枢神経系の発達が未熟である上に、夜間の水分制限や規則正しい
排泄習慣が守りにくい、下着が濡れていることに対する感覚が鈍い、親子関係の悪化を招きやすいなどの独特の
要因があるため。夜尿症も治りにくいことが指摘されています。
通常の場合こどもは成長するにつれ、膀胱にためられる尿の量が増えますが、子供によっては膀胱の容量が変化しなかったり
抗利尿ホルモンの分泌が促進されなかったりするので、おねしょをいつまでも続けてしまうのです。

脳の障害をお持ちのお子さんは、普段でさえリズムのある生活や規則正しい食生活を送ることが難しいといわれています。
生活改善も必要となる夜尿症の治療は保護者の型にとって頭の痛いことになると思われますが、気長に、そのお子さんのペースを守りながらうまくつきあってあげてください。

当店は、お子さまのおねしょ対策
の商品を数多く取り扱っています。ぜひお気軽にご相談ください。お電話での商品選びのお手伝いやご注文受付もしています。

と考えられるられることも

と考えられるられることも